カツオの竜田揚げハニー&ジンジャーソース

家族みんなに、
おいしく食べてもらいたい!
炊き出しで出会った顔を
思いながら、お箸がすすむ
カツオ料理を考えました。
応援料理人:
梵蔵(材木座)
林本 一平
http://bonzokamakura.com/
梵蔵さんからのひとこと
「カツオは少しクセがあるので、苦手な子どもたちもいるけれど、これならきっと好きになってもらえると思います。お年寄りの方にも食べやすく、家族皆でおいしく食べていただけたら、うれしいです。」

材料(作りやすい分量)
刺身用カツオ 1柵
ハチミツ・酒 各カップ1/2
おろしショウガ 大さじ1
めんつゆ 適宜
唐辛子・カレーパウダー・粒マスタード 各お好みで調整
片栗粉、サラダ油 適宜
薬味野菜(ネギ・大葉・ミョウガ・玉ねぎ・紫玉ねぎなど )

作り方
①ハチミツ、酒、おろしショウガをめんつゆで伸ばしてソースを作り、
唐辛子・カレーパウダー・粒マスタードを加える。
②柵のままカツオの皮面を、厚さ3ミリくらい白くなるまでフライパンで焼く。
(テフロンでない場合はうすく油を敷いて)
③カツオを食べやすい幅にスライスして、①のソースに浸しマリネする。
④片栗粉をまぶして、高温の油でサッと揚げる。表面がカリッとなればOK。
⑤一緒に薬味野菜をたっぷり盛りつけ、残りのソースを全体に回しかける。

point1 カツオは下ごしらえの段階で皮をよく焼いておけば、ソースは生臭くならず
揚げる時も、サッと表面だけ火を通せばよいのでジューシーに仕上がります。
皮の下に寄生虫のいる場合があるカツオならではの、ひと手間です。
point 2 ソースの材料の中で、カレーパウダーは一番味が強いので、多過ぎると
他の味を消してしまいます。少なめに入れるのがコツ。
 
*揚げた後もう一度ソースに浸け、一晩冷蔵庫で寝かせてもおいしい!
スライス・レモンをのせればまた違った風味が楽しめます。
*ソースの割合は、好きな味に自由にアレンジしてください。

感想や料理レポートをお寄せください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Connect with Facebook

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>