牡蠣のとも和え

牡蠣の素材の
うまさを味わい、
見た目も、食感も
たのしめる
新メニューできました!
応援料理人:
畔家 azeya (御成)
石松 邦雄 & 多美子
畔家さんからのひとこと
「『とも和え』は、同じ素材のものを、片方はソースのようにして和える料理法です。 異なる調理法によって、牡蠣から引き出されたさまざまな味わいを、 この一皿で楽しんでください。酒の肴にも、どうぞ。」

牡蠣のとも和え

材料(3人分)
牡蠣10個(大ぶりなものが良い。冷凍でもOK)
昆布・酒・塩・小麦粉・三ッ葉または大葉・柚子・胡麻油 =各適量

作り方
①牡蠣はすべて水でサッと洗い、6個はしっかり水気をとっておく。
②4個は、器に昆布をしいた上にのせて、酒をふり、蒸し器で6分ほど蒸す。
③②を蒸し汁と一緒に包丁でたたき、塩で味をつけ、お好みで柚子をしぼる。
④6個の牡蠣は小麦粉をまぶし、胡麻油をひいたフライパンで表面がカリッとなるまで中火で焼く。
⑤焼き上がった牡蠣に、たたいた牡蠣をのせ、三ッ葉や大葉の千切り、柚子の皮を盛る。

point 1 下ごしらえの①では、牡蠣の風味が逃げないよう、洗い過ぎないで。
point 2 牡蠣を蒸す時も、焼く時も、中にしっかり火を通しながら、
通し過ぎて硬くならないように注意してください。

*季節の野菜を一緒に蒸して、牡蠣の蒸し汁を吸わせるのもオススメです。
立派なお惣菜になります。
*たたいた牡蠣に塩で味つける時は、少し強めにすると全体のバランスがよくなります。

感想や料理レポートをお寄せください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Connect with Facebook

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>